正しい歯の磨き方

正しい歯の磨き方(プロにならう)

歯磨きの方法にはいろいろとあり、実はどれが正しいとは一概には言えません。大切なことは「丁寧に磨く」ということです。歯周病の治療をされた方、歯列矯正中の方、お子様と、それぞれにあった歯磨きの方法があります。患者さん個人個人にあったブラッシング法を指導しておりますので、興味を持たれた方はぜひ一度、当院までご相談なさって下さい。マンツーマンでお口の汚れの状態をお見せし、その方にあった磨き方をご指導いたします。(2回コース)

むし歯と歯肉炎の予防には毛先を使った磨き方のできるほどよい硬さの歯ブラシ(例:GUMシリーズ)、歯周病の方にはあわせて歯ぐきのマッサージをするための硬い歯ブラシが良いのですが、使い方を間違えるとかえって歯や歯ぐきを痛めてしまいます。
また、電動歯ブラシにも最近、良いものが出てきました。

歯ブラシでは取り除けない歯間の汚れは、歯間ブラシやデンタル・フロスを使用します。また歯ブラシは、2-3ヶ月毎に1度は新しいものに取り替えましょう。毛先が開いた歯ブラシでは、汚れが落ちにくくなります。

1.前歯の外側

歯と歯茎の境目に、45度の角度で毛先をあて、やさしく小さく円を描くように、微振動させます。(歯ブラシを鉛筆持ちにすると、力が入り過ぎません)

2.奥歯の内側と外側

歯ブラシを斜めに当て、下から上へと汚れをかき出すように、小刻みに動かします。

3.前歯の内側

歯ブラシを縦に入れ、歯ブラシのかかとの部分を歯と歯茎の境目に当て、小さく上下に動かします。

4.歯の噛み合わせ部分

毛先全体を使って、ごしごし磨きます。

ダイヤモンドクリーン